渦巻日記 004

スクリーンショット 2017-10-27 21.22.24.png

ちいさな猫を

撫でるとき

あたたかな丸みが

私の掌と一体となって

ひとつの太陽が生まれる

 

私は何度も彼を撫でる

彼も何度も私に擦り寄ってくる

 

夜風の冷たさも忘れて

ときどき尻尾が私の髭にぶつかる

 

お寺の裏の小道を抜けたところで

また会えるかな

 

 

27th, Oct, 2017

The Spiral Diary by Shinta

 

Mai Shinta